引き離されたぼくと子どもたち どうしてだめなの? 共同親権

新著を出しました。 宗像充 価格: 1800円+税 発行日: 2017年12月11日 版型: 四六判並製 ページ数: 248頁 ISBNコード: ISBN978-4-7845-2408-2 Cコード: C0030 詳細内容 「パパかママか」から「パパもママも」へ 家族観の違いから別れた二人。娘たちと著者との生活が始まる。しかし突然、裁判所から「…

続きを読む

映画「レッド・ピル」のクラウドファンディング

kネットでは、アメリカの男性運動の映画「レッドピル」を 日本で上映するためにネット募金を始めました。 https://readyfor.jp/projects/14548 この映画は、アメリカほか各国で上映され、 社会の中で不利益を被っている男性の権利擁護と フェミニズム運動の現状と課題について論争を挑む話題作です。 現代社会では問題作でもあるのか オーストラリアで…

続きを読む

ジェンダー・ウォー第6回「実子誘拐とDVでっち上げ」

 9月末、親権裁判で負けた父親が、自分のことを「DV」と呼んできた母親側の弁護士たちや、支援の女性グループの役員などを名誉棄損で告訴し、警視庁は受理している。親権裁判では通常、子どもを確保した側に親権が与えられる。法曹関係者は、これを継続性の原則と呼んでいる。ぼくたちは子どもを引き離したほうにご褒美に親権が与えられるので断絶性の原則と呼んでいる。 この事件では、一審の松戸家裁が、自…

続きを読む